お知らせ
デスクトップタイプのパソコン

ブログやホームページの運営を開始して、コンテンツの追加も行いながらも、それなりの時間が経過しているのに検索順位が下位に沈んでいる場合は何らかの対策をとる必要があります。これまでの方法論の有効性は、アクセス数や検索順位などの客観的結果によって明らかになっているからです。

検索結果圏外に位置する対策を考えるには検索エンジンの行動の仕組みを理解するのが有益です。検索エンジンではクローラーと呼ばれる自動プログラムが、インターネット上を巡回しているからサイトについての情報を収集しているという振る舞いを見せていることによります。それではどのような仕組みでクローラーは情報を収集しているのでしょうか。
クローラーは世界中のホームページの情報をチェックし、収集した情報を検索エンジンのデータベースに戻って情報内容を分類整理します。情報がこのようにデーベースで分類整理されていることを、インデックスと言います。ユーザーがキーワードで検索をかけると、その検索条件での最適の情報となるかを判断して、インデックスして該当するホームページを呼び出します。

このような検索エンジンが派遣しているクローラーの挙動を前提にすると、サイトのコンテンツの内容の品質が高くユーザーにとって有益な情報を含んでいると判断されて初めてインデックスされることがわかります。となると闇雲にサイトの更新に励んでも、必ずしも検索順位の改善に繋がるとはいえず無駄な努力で終わってしまう可能性があります。
闇雲な更新は時間の無駄と言うのには相応の根拠があるわけです。サイトを改善し検索結果圏外からの脱出、ましてや1位を狙うなら、検索エンジン最適化(SEO対策)に真剣に取り組むことが求められます。

少なくとも検索エンジンからインデックスされるためには、ユーザーにとってメリットになる高品質のコンテンツで更新しユーザーにとっての満足度を上げることが喫緊の課題になるのです。
前のめりになって闇雲にサイト更新を行っても、キーワードとの関連性が薄かったりキーワードだけを盛り込んだテキストばかりがあふれるのは無駄な改善活動の典型です。SEO対策のうえでは、ホームページが取扱っている分野や対象についての有益な情報を少ない労力で入手できるように、サイト内階層にも考慮する必要があります。豊富なコンテンツでありながら、必要な情報や画像にすぐにたどり着けるサイトはクローラーからも評価され検索順位1位も夢ではありません。

記事一覧

ホームサイトに訪問したときに、サイトの構造が理解できていないと、ユーザーもクローラーも何を指針にして...

PCでグラフを作成する人

ホームページのコンテンツの充実度が検索結果に反映される傾向が強くなっている現況においてSEO対策を検...

アプリのアイコン

ホームページを訪れたユーザーにとっては、ある程度キーワードなどでふるいにかかっているので、訪問先サイ...

緑のアイコン

タイトルバーなどについているtitleタグやmeta-descriptionタグは、検索エンジン大手...

パソコンを使い考えている女性

SEO対策の一環に、中古ドメインを利用することは効果的な側面が多いとされています。自分で自由なドメイ...