• ホーム
  • サイトが受ける被リンクの影響について教えます

サイトが受ける被リンクの影響について教えます

検索エンジンでの検索結果上位をねらうために、検索エンジンの最適化つまりSEO対策が色々な方法で実践されてきました。
SEO対策において普遍的に重視されてきたのは、被リンク数をいかに多く獲得するかという方法論の模索でした。被リンク数を数多く受けるというのは、外部からの第三者の高い評価を獲得していることを意味しているに他ならないからです。
被リンク数を数多く獲得するために、従来から利用されてきたのはブラックハットと言う手法です。ブラックハットとは検索エンジンのアルゴリズムの裏をかいて、被リンク数の獲得を自己目的に作成されたり、キーワードを大量に盛り込んだワードサラダなどを活用して、不正に検索人為の上昇を図る行為のことをさしています。

従来はGoogleなどの大手検索エンジンでもブラックハットの手法は半ば公然と行われており、一定のSEO効果をあげていた時期もありました。しかし検索エンジンのアルゴリズムの度重なる更新によって、ブラックハットの手法はスパム行為に認定されペナルティの対象になるリスクも上昇しました。その結果、現在ではSEO対策においては、ペナルティのリスクも考慮され、ホワイトハットが主要な対策になっているのです。

ホワイトハットとは、検索エンジンのガイドラインにそって、コンテンツ内容の充実をはかることです。現行のGoogleなどの検索エンジン大手では、ユーザー目線での有益性を発揮することを重視する傾向が強くなっています。良質なコンテンツを提供しているサイトは、自然と多くのユーザーから訪問されることになるので、クローラーからもインデックスされる可能性が高くなります。そして良質なコンテンツを訪問したユーザーからは評価され、自然に被リンクの数も増加することになります。
ところが不自然な被リンクが増加しても、アルゴリズムで見破られてペナルティの危険におびえながらサイト運営をする羽目になることもあります。また自分で複数のサテライトサイトを運営して、自作自演で被リンクを貼るという行為についても、スパム行為には該当しないものの、ガイドライン違反のリスクはあります。
重要なのは自作自演やスパムを利用した被リンク数を増やすなどの行為は、リスクに見合ったSEO効果を見込めないということです。そのうえ、ペナルティの対象になれば、検索エンジンからは完全に排除されてしまうことになります。自作自演をおこない不自然に被リンク数を増やすより重要なのは、ユーザーにとって有益なコンテンツの作成にひたむきに取り組むことにあります。

関連記事