• ホーム
  • ページ内の見出しタグの最適化について

ページ内の見出しタグの最適化について

アプリのアイコン

ホームページを訪れたユーザーにとっては、ある程度キーワードなどでふるいにかかっているので、訪問先サイトの大雑把な予測は立てているはずです。しかしそれはあくまでも予測にすぎず、初見のユーザーにとっては戸惑う側面があるかもしれません。せっかく検索したのに、どこに何の情報が収納されているのかがわからないので、サイト内の階層構造の理解を促すことが必要になってきます。

階層構造の整理がついていなければ、重複してしまったりユーザーにとって有益な情報も埋もれてしまう可能性があります。検索エンジンのクローラーにとってもサイト内の階層構造の理解の助けになるような仕様になっていないと、正しくコンテンツをインデックスすることも、たいへん困難になってしまいます。
このような状況を回避するために使用するのが、h1タグです。h1タグ(見出しタグ)とは、ユーザーや検索エンジンにサイト内の重要なテーマを伝達するために設定するHTMLタグの一種です。見出しタグはページ内の通常のテキストよりは大きなサイズで表示されるので、視覚的に注目を引き、ユーザーにコンテンツの内容を理解するための手がかりを与えることになるのです。つまりユーザーだけでなくGoogleなどの検索エンジンの双方にとっての利便性を高める為に、見出しタグは使用されていることになります。
h1からh6まで6種類あり、数字を順番にならべて、小さい数のほうが重要度が増すことになるのです。つまりh1が最上位の順番になります。

見出しタグを活用してSEO対策を実践するには、いくつかのルールがあります。まずh1タグには、ページ内容を簡潔に説明したテキストを採用します。特徴やベネフィットを遡及することで、訪問者やGoogleなどのクローラーにとっても、より効率的に情報を伝達しガイド役にもなります。見出しタグのタイトルには、選定キーワードをいれましょう。しかし自然な配置でガイド役になるように心がけることが大切で、必要以上にキーワードを反復したタイトルでは、Googleからの評価も下がりかねません。また、見出しタグは1ページに基本的に1つの使用に留めるのが賢明です。Googleはh1の複数設置を公式に認めていますが、一つのタイトルの印象は弱くなり、効果も分散するとされています。また複数のh1を設置することには、似通った見出しや重複するリスクもあるので、結局ページ全体の評価にとってマイナスに作用することも考えられます。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧