• ホーム
  • モバイルを意識したサイト作りについて詳しく解説

モバイルを意識したサイト作りについて詳しく解説

PC経由で検索エンジンを使用するのが主流だった時代は、もはや過去のものになりつつあります。スマートフォンを中心にしたモバイル機器の爆発的な普及を受けて、モバイルファーストインデックスへの対応の必要性が叫ばれるようになりました。モバイルファーストインデックスとは、Googleがサイトをクローラーでインデックス指標化をする際に、当該サイトのモバイル版をメインに使用することをさしています。Googleがサイトを巡回する際にはGooglebotが使用されますが、モバイルファーストインデックス適用後はGooglebotはスマートフォン版のサイトを巡回することになりランキング結果に反映されるわけです。

具体的な対応方法は、運営しているサイトの仕様によって異なります。PC用のみでモバイルフレンドリーサイトが無い場合は、特にツールを使用するなど特段の対策は必要はありません。レスポンシブウエブデザインにも特に変更点はないようです。これに対してPC用とモバイル用で異なるURLを持っている場合は、フレンドリーサイトのツールの活用やレスポンシブデザインなどによって、Googleが推奨する方法で対策をとる必要があります。

また、動的配信などの画像の配信についても注意が必要です。モバイルファーストインデックスでは、モバイル版サイトをメインにクロールし、インデックスして評価を行い検索結果をだしています。仮にPC版とモバイル版のコンテンツに差異があったり、モバイル用には簡易な方式のコンテンツを用意していたりすると正しく評価されることができなくなり、検索順位が上位から落ちたりする可能性があります。検索順位を確認して、上位だったものが下位に沈んだ場合は、別の対策をとる必要に迫られるでしょう。

ところでモバイルファーストインデックスが導入されたことは、モバイルの検索結果評価においても画像の表示速度も評価の基準のひとつになることを意味します。画像の圧縮などによる軽量化も、PC同様モバイルにおいても要求されることになりそうです。もっとも表示速度を上げるために、画像の軽量化が必要になるといっても、”本当に遅いサイトだけ”とされているので将来的にはともかく、現時点では神経質になる必要はないともいえます。
モバイルファーストインデックスによる検索順位の変動は不透明な部分もあります。特にPCとモバイルで別のURLをもっているような場合は、検索順位をこまめに確認して対策を考える必要がありそうです。

関連記事