• ホーム
  • 直帰率を減らすサイト作りをするメリットとは

直帰率を減らすサイト作りをするメリットとは

普段のホームページの運営をしている中で、直帰率を意識したことがあるでしょうか。このスコアが低いと集客や売上・問い合わせなどのコンバージョンに、繋がらないこともよくあります。サイトパフォーマンスを改善するには直帰率をいかに下げるかがポイントです。そこでこの割合をさげるための対策を検討してみましょう。

直帰率とは、ウエブサイトを訪問したユーザーが他のコンテンツに進むことなく、そのまま退出するユーザーの割合を意味しています。Googleではページの総訪問者数のうち、1ページだけを閲覧して立ち去ってしまったユーザーを算出しています。ところで混同されやすいものに、Googleが公表しているスケールで類似したものに離脱率と言うものもあります。離脱率とは、そのページが開かれた階数のうち、そのページから離脱した割合を算出することが叶います。離脱率ではどの経由でランディングしたかは問わないので、最初に訪問したページから退出したのかは計測できない点で違うわけです。
直帰率が高いことがユーザーの満足度が低いことと、イコールとは限りません。ヘルプページなどは検索対象が厳格で明確なので、そのまま退出しても目的は達成されるからです。しかしコンバージョンが低く、訪問しても検索元に戻る挙動が多いようで、検索結果も下位に表示されるときには、調整をすることが必要です。
現況分析のためには、サーチコンソールのレポート画面を参照すれば計測結果のレポートを参照することができます。さらにユーザーなどの基本属性はアナリティクスのレポート結果を参照すれば、基礎的情報を得ることも可能です。これらのツールで想定ユーザーとの乖離や、直帰率などの情報を把握することで、ユーザーがあなたのサイトに何を求めているのかが自ずと浮き上ってきます。検索結果上位のサイトと何が違うのかも分析することが重要です。

いずれにせよ、運営しているホームページへの訪問者の視線にたって、調整するべき事項のあぶり出しをおこなうことが必要です。そして最初のページで検索元に戻るユーザーが多いのは、ビジュアル面もチェックです。デザインが古臭くないか、文字数が多すぎないかなど、ユーザー目線でサイト内容を見直しましょう。情報を伝えようとするあまり、ページに対する文字数のバランスがとれていないこともあります。
必要に応じてわかりやすいテキストにリライトすることもこまめにおこなうべきです。新たな知見や情報がもたらされて、過去の記事が陳腐化したときもリライトは効果を発揮します。

関連記事