• ホーム
  • 記事の文字数と検索順位の関係ってどうなの?

記事の文字数と検索順位の関係ってどうなの?

PCでグラフを作成する人

ホームページのコンテンツの充実度が検索結果に反映される傾向が強くなっている現況においてSEO対策を検討する場合、コンテンツの枢要な部分をしめるテキスト部分のクオリティに関心が高まるのは当然の流れといえます。
テキストの品質といえば、気になるのは検索順位と文字数の関係です。実際のSEOの現場では、文字数を多くすることで検索順位が上昇するという事象がよく観察されています。現に検索上位のホームページの記事では、1000文字以上のページが上位を独占しているのです。
ところが公式にGoogleは、検索順位確定のアルゴリズムで文字数を判断材料にはしていない旨を明らかにしています。公式アナウンスと実際の検索結果の乖離は、どのように考えるべきなのでしょうか。

検索上位に表示されるようなコンテンツは、文字数が多く内容の密度が高く自然な流れで読みやすい仕上りになっている傾向が顕著です。つまりGoogleに高品質なクオリティをもっている記事として評価されるには、内容の密度が高い文章であることが条件づけられることになるので、自然と文字数も多くなると分析することが出来ます。重要なのはいたずらに冗長な文章ではなく、ユーザーにとってのメリットを大きくすることが出来る点です。

特に検索ボリュームの大きなキーワードでは、一般的で独自性も低く密度も薄いコンテンツは文字数も自然と短くなっています。検索ボリュームの大きいキーワードでは、一通りの内容のコンテンツは揃っているので、競合サイトに差をつけて検索結果上位を狙うことは相当な困難を伴うと予想されます。また内容が薄いコンテンツにありがちなのは、無関係なキーワードが並んでいて共起語がうまく活用されていない点を指摘できます。共起語とは、特定のキーワードに関連して使用される言葉のことです。例えばSEO対策を考える記事では、検索エンジンやキーワードなどが代表的です。

こういった共起語を活用して、コンテンツ作成に使用するには共起語を専用ツールで抽出して、そのワードをホームページ内のコンテンツのテキストに活用する方法が想定されます。キーワードだけでなく共起語も活用することで、ユーザーの検索意図に則したコンテンツを提供することが可能になります。
反面で共起語を使用しすぎると、検索結果が下がる傾向があるとされています。重要なのは無関係なテキストは盛りこまず、情報量の充実したボリュームのあるテキストでコンテンツを作成することにあります。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧