• ホーム
  • SEOに有利な中古ドメインについて解説

SEOに有利な中古ドメインについて解説

パソコンを使い考えている女性

SEO対策の一環に、中古ドメインを利用することは効果的な側面が多いとされています。自分で自由なドメインネームを取得できる新規ドメインを獲得することが可能にもかかわらず、あえて中古ドメインを購入することには違和感を覚える方もいらっしゃるでしょう。
しかし自由にドメインネームを取得できないのは確かですが、新規ドメインにはない色々なメリットが存在しているのです。そこで中古ドメインのメリットについて、検討を加えてみましょう。

まず中古ドメインを使用することで改善の成果がすぐわかると言うメリットを実感することが多いようです。なぜなら新規ドメインでは、いくらコンテンツの更新や追加・ブラッシュアップなどに努めていても、数ヶ月程度の期間にわたって検索順位に反映されないことが頻繁に起こるからです。
これはエイジングフィルターと呼ばれるものですが、実際に適用されることは珍しくなく、サイト管理者のなかには検索上位を諦めてそのままフェイドアウトすることもあるほどです。これに引き換え中古ドメインでは、運用開始後すぐに検索エンジンからの評価が検索結果に反映することが可能です。また効率的なSEOが可能とも言われます。

中古ドメインは過去にサイト運営を行った履歴(ドメインエイジ)をもっているので、過去に検索エンジンのインデックスを受けた経験ももっています。ドメインエイジをもったサイトは記事もインデックスされやすいので、運用開始後早い段階で検索エンジンの評価対象に入ることが叶います。またドメインエイジをもったサイトには被リンクもついているので、そのまま引き継ぐことが出来ます。そのため新規ドメインのように被リンクを獲得するための努力を省略できるので、同じ新規サイト同士でも有利な立ち位置から運営をスタートさせることができる訳です。

そして中古ドメインは、過去の評価を引き継げるというのもメリットです。中古ドメインも全管理者のもとではそれなりの時間軸のなかで、サイトを運営していた履歴をもっています。なかには良質なコンテンツを数多く提供していたのでクローラーからも高い評価を受けている可能性があります。中古ドメインですぐれた運営実績をあげていた履歴をもっているときは、その好評価も引き継ぐので、早い段階から検索結果上位をねらうことも夢ではないのです。新規にサイトをはじめながらも、有利な条件で参入することになるのでSEO対策にすぐれていると評価されるわけです。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧