• ホーム
  • titleとdescriptionの最適な付け方とは

titleとdescriptionの最適な付け方とは

緑のアイコン

タイトルバーなどについているtitleタグやmeta-descriptionタグは、検索エンジン大手のGoogleでも公式アナウンスされているように、SEO対策をとる上で基本になります。これらのメタタグはサイト内の情報を一覧性を持たせるには非常に利便性が高いと言えます。メタタグを活用することで、それぞれ異なる検索意図を持ったユーザーの回遊性をたかめ、効率的な情報提供可能にしてくれます。

titleタグとは、それぞれのページの主題やテーマを示すもので、検索結果でもブラウザ上で一行目に表示されるものです。より具体的に表示される場所を言えば、検索結果の他にもブラウザを開いたときの、タイトルバーやブックマークなどに表示されています。キーワード検索の表示結果では、titleタグを参照することで、クリック率が影響されるため、タイトルを決めるときには意識して選定する必要があります。文字数は控えめにして、簡潔な説明で落ち着くように構成します。文字数は30文字程度で簡潔で明快な説明に留意してください。

meta-descriptionはタイトルタグに引き続いて表示される部分です。タイトルの中身について敷延する文章を120文字以内で収めることがポイントです。想定しているキーワードを踏まえつつ、注目を集めるようなテキストで検索した人にアピールしてクリックにつなげることが出来れば理想的です。

ところでこれまでは従来から検索で使用されることの一般的なPCを前提にご紹介してきました。それではスマートフォンなどのモバイルでは、なにが違うのでしょうか。

モバイルの場合に大きく違うのはdescriptionになります。PCの場合は120文字まで可能ですが、モバイルの場合は50文字のみです。それ以上記述しても、それ以下は省略されてしまいます。最近ではモバイルで検索エンジンを利用するユーザーの数が急増しているので、SEO対策においてはモバイルからの検索を意識しないことには、有効な対策をとることは難しくなっているのです。

このような条件を前提にすれば、とりあえず50文字程度でdescriptionの一区切りをつけます。残り70文字はPCユーザーを前提に注目を集める文章構成を検討すれば、モバイル・PC両方の環境のユーザーにも対応することが可能になります。もっともdescriptionが重複すると検索結果では書き換えられてしまうことがありますので、重複しないことを心がけましょう。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧